植物図鑑

植物名:Marronnier (マロニエ) 植物エキス

学名:Aesculus hippocastanum
科名:トチノキ科
別名:セイヨウトチノキ
抽出部位:果実・葉・樹皮
トチノキ科の樹木で、果実(トチノミ)、葉、樹皮が
使われてます。お肌にうるおいを与えるほか、
血行促進やひきしめ効果も知られています。

肌へは、抗炎症作用、収れん作用、抗浮腫作用、
血行促進作用があり、乳液、クリームなどの
基礎化粧品、ヘアローション、シャンプー、浴用剤
などに使われます。

※表記は植物エキスの一般的な性質を述べたものであり、商品の効果・効能をうたうものではありません。

古くから民間薬として、セイヨウトチノキの樹皮を煎じた汁を
下痢、痔、子宮出血に内服し、はれもの・凍傷やしもやけなど
に塗布すれば効果があると言われていました。
パリのシャンゼリゼ通りのシンボルとして有名です。

ページの一番上へ▲