植物図鑑

Spike Lavender(スパイク ラベンダー)  精油

学名:Lavandula latifolia
科名:シソ科
抽出部位:全草
香りの特徴:甘さのないすっきりしたラベンダーの香り

スパイク・ラベンダーは成分であるカンファーを
含むため、ラベンダーよりもクッキリとした香りで、
リラックス効果よりもリフレッシュ効果が期待できます。

古来より、ねんざ、筋肉痛、頭痛などの沈静や
虫除け用ハーブに使われることが多かったようです。

暑さに比較的強く、他のラベンダー種に比べて強靭な性質
を持っているため、「男のラベンダー」と呼ばれています。


 

頭が重いときなどに気分をすっきりさせて
くれます。気分のリフレッシュに効果的です。

 
   

鎮痛作用により、筋肉痛や頭痛などの痛みを
緩和する効果が期待できます。
  

   殺菌・消毒作用があり、軽いやけどや傷の応急処置、
ニキビやフケのお手入れに向いています。 

  

・頭が重いとき
・不安を感じて、落ち込んでいるとき
・息苦しさを感じるときに
・筋肉痛やリウマチに

※表記は精油の一般的な性質を述べたものであり、商品の効果・効能をうたうものではありません。

かつてはスペイン全土で野生状態で生息しており、スペインの
人口の大半が農民だったため、労働者達は安価な賃金で
何時間もスパイクラベンダーを刈り取り、蒸留して精油を生産して
いたといわれています。

ページの一番上へ▲