植物図鑑

植物名:Thyme(タイム) 精油

学名:Thymus vulgaris
科名:シソ科
抽出部位:花および葉
香りの特徴:甘さと鋭さを持った、スパイシーな香り

肉類やスープなどの料理に使われることで、
広く親しまれているハーブ。
タイムという言葉は、「香らせる」を意味する
ギリシャ語の「チュモス」に由来しており、
その名の通り、香水や薫香として利用されて
きました。古代ギリシャでは、神々の祭壇で
焚かれていたそうです。

殺菌作用があり、気管の炎症などに効果があり、
殺菌や防腐効果もよく知られています。
葉の香りが強く、気分をリフレッシュさせたり、
意識をはっきりさせ集中力や記憶力をアップさせ
る働きがあります。


 

落ち込んだ気持ちを元気付けます。
記憶力や集中力をアップさせます。

 
   

免疫力をアップさせます。体を温め、
風邪やのどの痛みを和らげます。 

  殺菌力に優れています。切り傷に効きます。
フケや抜け毛防止にも。 

  


 

・どうしても譲れないことがあり、はっきりさせたいとき
・大切なことに集中したいとき
・風邪気味でせきなどに悩まされているとき
・肌荒れを感じるとき

※表記は精油の一般的な性質を述べたものであり、商品の効果・効能をうたうものではありません。

防腐剤、保存剤としての強力な効き目は古代エジプト時代から
知られ、遺体保存用に使われていました。
現在でも、解剖標本や植物標本の保存用、紙の虫食い防止用と
して使われています。

ページの一番上へ▲