植物図鑑

植物名:Tea tree ティーツリー 精油

学名:Melaleuca alternifolia
科名:フトモモ科
抽出部位:葉・枝
香りの特徴:清潔感のあるすっきりとした香り

原産地のオーストラリアの原住民アボリジニーは、
古くからケガの手当や感染症予防に使用してきました。
非常に高い殺菌・消毒効果をもち、「万能薬」として
長い間認められてきた植物です。

第二次世界大戦中、ティーツリーの精油は、皮膚の
傷の手当てを目的に救急用品キットに加えられていた
といいます。強い抗菌作用がある精油です。

 

落ち込んだ気分をリフレッシュさせ、
元気づけてくれます。

 
   

免疫系に働きかけるので、感染症予防に有効。
呼吸器系に働きかけてせきの症状を
和らげたり、呼吸を楽にすると言われています。  

  抗菌・浄化力に優れるので、ニキビなどに。
頭皮の乾燥やフケ予防にも効果的です。 

  


 

・落ち込んで元気がなくなっているとき
・能力が出し切れず、思うようにいかないとき
・一歩前進したいとき
・身体の調子を整えるために 

※表記は精油の一般的な性質を述べたものであり、商品の効果・効能をうたうものではありません。

オーストラリアには、泳ぐと元気になると言われた湖がありましたが、
その湖岸にはティーツリーが生い茂り、水面に葉を落としていたことが
その不思議な力の秘密であったという言い伝えがあります。

ページの一番上へ▲