植物図鑑

植物名:Lavender(ラベンダー) 精油

学名:Lavandula angustifolia
科名:シソ科
抽出部位:花
香りの特徴: ウッディーかつフローラルな香り

リラックス効果で有名な、アロマテラピーの代表的な
オイルです。万能なハーブとして知られ、特にアル
プス地方が原産地として有名です。

甘さとさわやかさが同居する濃厚な香りは、今までに
多くの人々のこころに落ち着きと安らぎを与えてきました。
ラベンダーが「母なる精油」と呼ばれ、万能な香りとして
古来から重宝されてきた理由は、きっとそこにあるのでしょう。                                                 古くから、ラベンダーの浄化作用は有名で、古代ギリシャや
ローマでも、衣類の防虫・香りづけや沐浴に使われてきました。


 

緊張を和らげ、心を落ち着かせます。
不安を軽くし、安眠へと導きます。

 
   

頭痛や生理痛など痛みを和らげます。
殺菌作用があるので、風邪の予防にも
効果的です。

  ニキビ、吹き出物などのトラブルや日焼けで
ダメージを受けた方に。 

   

・気持ちを落ち着けたいとき
・リラックスしたいとき
・イライラしているとき
・仕事で疲れたとき
・グッスリ眠りたい夜に
・お肌のトリートメントに 
       

※表記は精油の一般的な性質を述べたものであり、商品の効果・効能をうたうものではありません。

英名の「ラベンダー」はラテン語の「洗う」という意味に
由来しており、ラベンダーの消毒効果を利用して、
創傷を洗い流したといわれてます。

ページの一番上へ▲