植物図鑑

植物名:Petit grain (プチグレン) 精油

学名:Citrus aurantium
科名:ミカン科
抽出部位:葉・枝 (ビターオレンジ)
香りの特徴:ウッディー調とフローラル調が交互に感じられる不思議な香り

ビターオレンジの木からとれる精油です。
抽出部位によって、名称や香りが異なります。
例えば、花からはネロリ油、果皮からはオレンジ油が
できます。

プチグレンの香りは、小枝のような青臭さの中に、
苦味や爽やかさ、そして花のやわらかさが感じられるような、
不思議な香りです。

少し個性的な香りですが、一度かいだらなかなか忘れられない、
人を惹きつける香りです。

 

怒りやパニックを沈め、心を穏やかに。
落ち込んだ心に自信を与えてくれます。

 
   

呼吸、心拍数、筋肉などをスローダウンさせ、
気分をリラックスさせます。
体全体の抵抗力を高めます。

  皮膚の組織を再生し、ニキビや傷の治りを早め、
傷跡を残りにくくします。

  


 

・一日中気持ちが休まらず、眠りが浅いとき
・心が動揺し、自分自身の存在が揺らいでしまったとき
・プレッシャーや心配で押しつぶされそうなとき
・将来に対する期待と不安に駆られたとき

※表記は精油の一般的な性質を述べたものであり、商品の効果・効能をうたうものではありません。

「プチグレン」という名称は「小さな粒」という意味です。
これは、もともとこの精油が、オレンジの葉ではなく、
オレンジの未熟な小さな果実から抽出されていたことに
由来します。

ページの一番上へ▲