植物図鑑

植物名:ローズ(Rose) 精油

学名:Rosa Centifolia
科名:バラ科
抽出部位:花
香りの特徴:華やかでみずみずしいフローラルな香り

ローズの香りは、何世紀にもわたって人々に愛されてきました。
ローズは愛と清純さの象徴とされ、結婚式では、バラの花びら
をまきちらし、結婚が幸せなものになるように祈るのに使われました。

ローズには様々な種類がありますが、ここでご紹介する「Rosa Centifolia」は花弁が非常に多いのが特徴です。
「centifolia」は「100枚の」という意味で、その名のとおり、
100枚前後の花弁をもちます。

女性ホルモンに働きかける効果があり、女性が不調を感じ
たり、落ち込んでいるときに、自信を与えてくれる香りです。

 

心を満たして、多幸感をもたらします。
心を明るく高揚させ、神経の緊張と
ストレスを和らげます。

 
   

ホルモンバランスを整える効果があります。
血液循環をスムーズにしてくれます。 

  肌を活性化する作用に優れており、
シワや肌荒れに有効。
特に老化肌や乾燥肌にオススメです。 

  

・人間関係にぎこちなさを感じてしまっているとき
・自分に自信がなくなってしまっているとき
・女性らしい魅力を引き出したいとき
・お肌のトリートメントに

※表記は精油の一般的な性質を述べたものであり、商品の効果・効能をうたうものではありません。

Rosa Centifoliaは、別名「キャベジローズ」といいます。
花弁が多く、コロンと丸みのある形がキャベツに似ていることから、
このように呼ばれるようになりました。


ページの一番上へ▲