植物図鑑

植物名:Carrot (ニンジン) 植物エキス

学名:Daucus carota L.
科名:セリ科
抽出部位:根
「カロチンの王様」とよばれているニンジンは
緑黄色野菜の中でも体にいいと言われる
カロチンの量が突出して大量に含まれています。

なかでも豊富なβカロチンは、体内に吸収されると
必要に応じて、ビタミンAに転換されます。
ビタミンAは肌や粘膜を正常に保つ働きがあるため、
肌荒れ防止効果が期待でき、健康や美容維持に
効果的です。

※表記は植物エキスの一般的な性質を述べたものであり、商品の効果・効能をうたうものではありません。

ニンジンの原産地は中央アジアのアフガニスタンで、栽培の歴史は古く
数千年に渡る野菜である。第二次世界大戦中には、イギリスでカロテン
含有量の高い品種をつくって栽培し、戦闘機のパイロットがこれを食べて
夜間の視力を上げたといわれている。

ページの一番上へ▲