COLUMNコラム
2018
July
02
作り手のこだわり

肌に負担をかけにくい 優秀成分!「寒天」

食品として知られている「寒天」。どんなイメージをお持ちですか。
ゼリーやプディングなどの、ぷるぷるスイーツや、ところてんなど、
食材のイメージが強いですよね。原料は海藻です。
ちょっと珍しいと思いますがサンダース・ペリー化粧品では、
寒天を化粧品の成分として使用しています。
というのも、寒天は自然成分のため、安全性が高いことに加え、
自然成分のため、安全性が高い素材です。

サンダース・ペリー化粧品の創始者 ハリントン氏は、
人体の組成(血液やリンパ液など)が海水の組成に似ていると考え、
海洋植物である寒天に着目しました。
研究を重ねた結果、寒天での疑似乳化に成功しました。
一般的な化粧品で油と水を混ぜるために必要とされる合成界面活性剤は、
便利な反面、肌に合わないという人も。石油系合成界面活性剤を使わない
独自の新乳化方法により、心地よく使える自然化粧品を実現したのです。
寒天を用いたことで敏感肌※の方にも愛される化粧品が誕生しました。

※すべての肌の方に合うわけではありません

・ミネラル豊富な海藻

ミネラルは身体の中ではつくられず、摂取するしかありません。
ミネラルは身体の細胞の働きを助ける重要な働きをしています。
健康な身体も肌もミネラルが必要なのです。
そして海藻には人に必要とされているカルシウムやマグネシウム、
鉄などのミネラルが豊富に含まれています。さらに注目すべきは、
海藻の持つ保湿力です。浅瀬の海藻は引き潮になっても枯れることはありません。
照りつける太陽から自分を守る「保湿力」を備えています。
その海藻から作られたのが「寒天」です。

 

・「寒天」の驚くべき保水力

サンダース・ペリーで使用している寒天は、テングサなどの紅藻類から得られる多糖類。
寒天は、加熱をすると溶け、冷やすことでゲル状に変化します。
この性質を利用し、クレンジング、パック、クリーム類を作っています。
一度固まった寒天ゲルは80度以上でなければ溶けにくいため、夏の室温で溶けだしたり、
冷蔵庫でなければ固まらないゼラチンとは違い、安定した品質を保つことができます。
また、寒天の保水力は非常に高く、10gで1リットルの水を固めることができます。
その保水力の秘密は、寒天の食物繊維です。成分の80%が食物繊維でできており、
肌のうえではネットのような役割を果たし、水分を保ち、みずみずしさと
しっとり感を持続させる効果があります。
さらに繊維の隙間に植物エキスやエッセンシャルオイル(精油)を抱え込み、
天然成分を壊すことなく新鮮な状態で保つことができます。
使用するときにはじめて成分が一体化し、肌になじませることができます。

寒天繊維の顕微鏡画像

寒天繊維が成分を抱え込むイメージ図

・肌への美肌効果

寒天は肌に様々なよい働きをします。

1) 水をたくさん抱え込む性質を活かし、肌の表面でも肌の潤いを保護。
肌のみずみずしさを保つサポートをします。

2) 乾燥によるダメージを受けた肌をいたわるケア。
乾燥で荒れやすい肌にもやさしくなじみます。

3) 天然保湿因子(NMF)として高い保湿効果を発揮。

お肌にとっていいことづくしの寒天です。
サンダース・ペリーはできるだけ肌へのやさしさにこだわった処方で
全ての方が心地よくご使用できる化粧品づくりを目指しています。

 

◇商品情報

サンダース・ペリー化粧品をもっと知りたい方へ

商品をお取り扱いしたい方へ