COLUMNコラム
2018
April
22
Sanders Perry Garden

美白美容液で明るい肌をキープ!

暖かくなり、夏に向けて肌のUVケアを意識したい季節です。
というのも、肌に降り注ぐ紫外線の量は、春から夏に向けてグッと増え始めます。
放っておくと、秋を迎える頃には、しみ、くすみ、たるみ、シワなどの肌老化が進むことに。
特にしみは紫外線が原因となりやすいので、必要なお手入れを知り、早めのお手入れが必要です。

しみの主な原因は「紫外線」

しみは、肌でつくられる色素部分メラニンが排出されきれず残ったもの。
メラニンを生み出すメラノサイトという色素細胞が、紫外線などでダメージを受けるとメラニンを作り続けます。
これがターンオーバーの乱れにより、排出されきれないとシミになって残ります。

おすすめしたいのは、サンダース・ペリーの美白美容液「ホワイト ハーブ エッセンス(医薬部外品)50mL 10,000円(税抜)」。
美肌、美白*1へといざなう、ビタミンC配合の美容液で、透明感あふれる肌へ導きます。

ホワイトハーブエッセンスの役割は、メラニンの生成を抑える・メラニンを薄くする、
結果、肌のしみ、そばかすを薄くしてくれます。今年の春夏は「ホワイト ハーブ エッセンス」で、
明るい印象の白い肌をキープしましょう!

早めのお手入れで、肌への負担をやわらげましょう

美白美容液は365日使用することが理想ですが、強力な紫外線が降り注ぐ夏には、特に外せないアイテムです。
浴びてしまった紫外線を、なかったことにはできませんが、早めのお手入れで、肌への負担をやわらげることができます。
継続して使用すると効果が実感しやすくなります。
すこやかな肌を保つキウイエキス、肌を整えるセイヨウノコギリソウエキス、タイムエキスを配合。
キメを整え、肌に明るさとハリを与えてくれます。
ビタミンC*2が肌を整え、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぎます。

*1肌を整え、メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぎます。
*2:L‐アスコルビン酸 2‐グルコシド

Pick UP成分

■レインボーレッドキウイ

果物の植物や皮は、太陽の紫外線ダメージから身を守ります。
強い日差しを浴び続けても、果肉をみずみずしい状態でしっかりと守れる抗酸化作用が含まれているからです。
ビタミンC、E、ポリフェノール、葉酸などの美容成分が豊富なキウイの中でも、
特に栄養素が高い「レインボーレッドキウイ」という品種を採用しています。

※植物の一般的な効果を記したものです。