COLUMNコラム
2018
April
21
Sanders Perry Garden

エイジングケア※クリームの実力派。濃密なローズクリームでたっぷり保湿 ※年齢に応じたお手入れ

生誕70周年記念クリーム「モイスチャークリームR」登場!

サンダース・ペリー生誕70周年を記念したクリーム。
その名も「モイスチャークリームR」。
贅沢なローズの香りでお手入れのたびに優雅な気分に。
濃密な質感で、高保湿成分の原料がたっぷり詰まっています。

乾燥、小じわ、ハリ不足など大人の肌悩みに着実に応えるクリームで、
高保湿効果があるダマスクバラ花水や、アロエベラエキスを配合。
さらに、肌なじみのよいゴマ油や、角層への浸透力が高いヒマワリ種子油などを配合し、肌に不足しがちな潤いと油分を補います。

肌表面の潤いをしっかりと守る、クリームのコク感の秘密は、シロキクラゲ。
ヒアルロン酸よりもたくさんの水を抱え込む性質を持ちます。

モイスチャークリームのキー成分とは?

今回はなかでもクリームのキー成分になるローズを詳しく紹介します。

モイスチャークリームRに使われているのは2種類のローズ。
保湿成分では、別名〝バラの女王“と呼ばれる「ダマスクローズ」の花びらからとれた
ローズウォーターと、香りの精油はダマスクローズよりさらに希少で高価とされる
「センチュフォリアローズ」を使用。
どちらも古代より、美容に欠かせないハーブとして大切にされてきました。

ローズの歴史はとても古く、美と高貴のシンボルとされ、ギリシア神話に登場し、
中世ヨーロッパの王家の紋章などにも使われてきました。紀元前1世紀ごろ、
花びらから作ったローズオイルはとても高価で、権力の象徴でした。
それをたっぷり肌に塗り、花びらを枕にしていたというクレオパトラ。

ローマの政治家・軍人のアントニウスを迎えるときは、
バラの花びらを膝の高さまで敷き詰めたと言われています。
現在、バラを使ったあらゆる製品がつくられ、その豊かな香りは今も愛され続けています。

—— モイスチャークリームRに使用している ローズをご紹介! ——